JUGEMテーマ:健康

 

ついこの間まで猛暑だった愛知も肌寒さを感じるようになりました。

 

 

今朝、「だいぶ良くなったよ。」

と出掛けて行った子供。

 

身体のだるさがとれて、体調が良くなったとのこと。

 

風邪をひいたというので、昨夜寝る前に背中と胸にアロマブレンドオイルを塗布して、その後リフレクソロジーをしたのです。

子供が小学生の時から、このパターンで何度風邪を乗り切ってきたか。

 

 

リフレクソロジーを学んで家族に使うようになってから、風邪で学校を休みがちだった子供が皆勤賞をもらってくるようになりました。

内科のお医者さんに行くことは極端に少なくなって、本当に便利でした。

 

 

家族にリフレクソロジーをする度にいつも思うのです。

「子育て中のお母さんがリフレクソロジーを学んで使えば本当に便利なのになあ。」と。

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

 

愛知県あま市七宝町

リフレクソロジー&ボディケアサロン 楽のフクイです。

 

今朝、下腹にカイロを貼りました。

 

暑いのだけれども、足が何となく冷えているよろしくない状態。

猛暑なのにカイロという、ちょっと変わった思いつきですが、先日もこの方法で体調をリセットしました。

 

夏の始めは冷蔵庫で冷やしていない生ぬるいお茶を飲んでいましたが、日が経つにつれ、調子に乗って冷たいお茶を飲んだりアイスを食べたり。

昨日も汗をかきすぎた状態でクーラーの効いたスーパーで買い物をして、身体が冷えたのでしょう。

 

 

愛知の猛暑はまだまだ続きます。

暑さ対策だけでなく、冷え対策も大切ですね。

 

 

 


 

愛知県あま市七宝町

リフレクソロジー&ボディケアサロン 楽のフクイです。

 

今年も咲いた、パイナップルリリー。


 

鉢植えでいただいたのを庭に植えたら、毎年花を咲かせてくれます。


形がパイナップルに似ているからこの名前なんですよね。


朝、この可愛らしい形のお花を見ると、心が和みます。

 

JUGEMテーマ:健康

 

 

愛知県あま市七宝町

リフレクソロジー&ボディケアサロン楽の フクイです。

 

ヘナで白髪染めを始めて約一年。

あの抹茶のような草のような香りが好きで続けています。

 

 

 

 

日本ではヘナは自然由来のヘアカラーとして利用されていますが、元々はインド医学(アーユルヴェーダ)のハーブとして使われてきたものだとか。

 

100%の純粋なヘナは、髪を染めることやトリートメント材としての利用の他に、デトックスを目的として、また、月経の不調を改善する目的で使うこともできるようです。

 

 

 

 

 ヘナ染めをする時は黒いTシャツに着替え、色が着いても平気なタオルも用意して。

 

ヘナ用のブラシは使い勝手が良いです。

 

 

頭部全体のヘナはお店で。

顔まわりの生え際は自分で染めています。

 

ヘナは熱と湿気でよく染まると説明書にあったので、自分なりにやり方を考えました。

 

まず、顔回りの生え際にヘナをタップリ塗った後で、熱湯に浸したコットンを軽く絞り、コットンにもヘナを塗ってから、顔まわりの生え際にペトペト貼っていきます。

その上からラップをし、タオルを巻いて、待つこと30分から1時間。

お風呂で洗い流して終了です。

 

 

100%のヘナでは、白髪が鮮やかなオレンジ色(←結構、目が点になる鮮やかなオレンジ)に染まってしまうので、インディゴ(藍色の自然由来の染料)が最初から混ざっているものを使っています。

インディゴ入りのヘナは良い具合に茶色に染まります。

 

夏は頭部から冷える事も無く、ヘナには良い季節♪

 

できれば頭部全体も自分で染めたいと思うので、良い方法がないか、これから色々試してみようと思います。

 

 

 

(*ヘナはアレルギーを起こす方もいるそうなので、パッチテストが必要です。)

 

 

 

 

愛知県あま市七宝町 

リフレクソロジー&ボディケアサロン楽のフクイです。

 

 

どうです!この生け花!

 

と言っても、この写真では大きさが分からないですよね‥‥。ちょっと残念。

 

先日訪れた名古屋観光ホテルのロビーのお花です。

 


ホテルの様な場所じゃないと、なかなか見られないダイナミックな生け方。

 

 

一つ一つは小さくて可愛らしいお花でした。

色々な種類の蘭なのかなあ?

 

素敵なお花を見て元気が出たので、ブログを見に来て下さった方にシェアしたいなと。

 

JUGEMテーマ:健康

 

 

愛知県あま市七宝町 

リフレクソロジー&ボディケアサロン 楽 のフクイです。

 

梅雨を快適に!キャンペーン

(6月末までの期間限定)

 

じめじめした梅雨の時期、リフレクソロジーとボディケアでお身体軽やかにお過ごしください〜♪

 

・キャンペーン中、リフレクソロジーを受けられる方は膝下オイルがサービスになります。

 

・ボディケアも割引価格のこの機会に是非お試しを。

 

 

リフレクソロジー 

 

・リフレクソロジー+膝下オイル(フットバス込約60分) 

 通常 ¥4,900 → ¥4,000

 

*初回の方は施術前にカウンセリング(約10分)があります。

 

*現在、継続施術を受けておられる方は次回継続の際の4回分を割引価格とさせていただきます。

 

 

 

ボディケア

 

ボディケア 30分

通常 ¥2,200 → ¥1,800

 

ボディケア 60分

通常 ¥3,800 → ¥3,200

 

 

☞ ご予約は 

080−5881−7140まで。

お電話でご予約の上、ご来店ください。

営業日時は、ホームページの営業カレンダーをご覧ください。

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

 

愛知県 あま市 七宝町 

リフレクソロジー&ボディケアサロン 楽 のフクイです。

 

 

今回は津島市にあります、自然食品のお店「りんねしゃ」さんを紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

こじんまりとした店内に食品類やその他には洗剤、化粧品などなど選りすぐりの商品が並びます。

一般的なスーパーマーケットでは見かけない商品が多数あるので、ついつい興味深く見入ってしまう。

 

久しぶりに訪れたら、子供の遊び場ができていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

自然派化粧品も種類が増えているみたい。

 

 

 

楽からは津島方面へ車で10分くらいです。

 

地元にこういった自然食品のお店があると助かります。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

 

愛知県あま市七宝町 

リフレクソロジー&ボディケアサロン 楽 のフクイです。

 

「楽」周辺のちょっと楽しいお店をご紹介します。

今回はお食事のお店ではなく、伝統工芸のお店「太田七宝」さん。

「楽」からは車で津島方面へ15分余り、津島市役所の南向いにあります。

 

こちらのお店がユニークなのは伝統工芸の七宝焼に加え、可愛らしい手作り小物や、無農薬野菜が販売されていること。

 

 

 

 

 

                花瓶をはじめとした伝統的な七宝焼

 

 

 

 

若手作家ユニット「hana」さんの作品

斬新な形と色使いが楽しい

 

 

 

                 植物を使った飾り物が素敵

            

 

 

 

Enishi Candleさんのアロマキャンドル

天然アロマのすっごく良い香り♪

 

 レース編みのお花のヘアピンは、なんと160円

シュシュなどの髪留めも色々ありましたよ

 

 

月曜日には無農薬野菜が入荷されるそうです

大抵はその日のうちに完売されるとのこと

 

 

建物の2階は、七宝焼やその他の教室が催されるそうです。

あの渡辺直美さんが、こちらで七宝焼のペンダント作りを体験されたとか。

 

詳しくは「津島市 太田七宝」で検索できますよ〜

 

 

 

 

JUGEMテーマ:家庭

 

 

愛知県 あま市 七宝町

リフレクソロジー&ボディケアサロン 楽 のフクイです。

 

先日、セリアで見つけたシャンプーリンスの詰替えボトル。

アイデアが素晴らしかったので、思わず衝動買いしてしまいました。

 

底の受け皿で逆円錐形のボトルを支えているという形。

シャンプー・リンスが容器の尖った先に溜まっていくので、最後まで無駄なくポンプで吸い上げることができるという仕組み。

 

 

 

                    ↑これが

 

 

                   ↑こう立つ

 

 

これ考えた人、本当にあったま良い〜〜! 

 

100均の商品って研究されてますね〜。

 

 

 

JUGEMテーマ:育児

 

 

愛知県あま市七宝町 リフレクソロジー&ボディケア サロン 楽の フクイです。

 

 

 

この絵、何の絵に見えますか?

実は、子供が幼児期に描いた自画像なんです。

 

見ようによっては、ピカソっぽくてユニークな絵だと思うんですが…

親ばかですかね?

 

小さな幼稚園のような所で描いたのですが、先生方の指導が素晴らしくて、

子供たちは皆、すごく集中して描いていたとか。

うちの子は描くことに全く興味が無かったんですけど、色使いや線から、落ち着いて描いたのが見てとれます。

指導の賜物ですね。

それにしても、額?髪の毛?がピンク色なのはどうしてなんだろう?その時の子供の感性にフィットした色だったのか?

解明できない謎ですが、それがまた幼児の色使いの面白さです。

 

 

「ようやく子供のような絵が描けるようになった。ここまで来るのに随分時間がかかったものだ。」

というのはピカソの名言です。

 

幼児は上手く描こうなんて思わず、思いのまま、感じたままを絵に表現しますよね。

だから、絵に迫力があるし、見る人が思わずニンマリしてしまうユニークさがある。

時には人の顔を真っ青に描いたり、真っ赤に描いたりもします。

 

心理学では、色使いなどで、子供の心理状態を読み取るようです。

 

この絵を描いた当事から今に至るまで、子供は、描くことに興味がないみたい。

結局、後にも先にもこれが子供が本気で描いた一枚となりそうです。